絹かわなす/七草/伊予美人

絹かわなす

→パンフレットダウンロード
「絹かわなす」は古来より品種改良されることなく、西条地区だけで自家消費用に栽培されてきました。 栽培が難しいため、生産農家も少なく、県内のみに販売しておりました。
しかし、漬け物を中心に人気を呼び、テレビ・新聞・雑誌 に取り上げられ、各方面から問い合わせがありました。
絹かわなすが買えるお店と食べられるお店情報
画像をクリックするとPDFが開きます。拡大・印刷にご利用ください。

七草

七草粥とは、正月七日の朝、七種の若菜を入れて炊いた粥を食べる習わしで、これを食べると病気や災厄を払うとして室町時代より続けられているとのことです。安心して食べられるJA西条の七草。
みなさんもぜひJA西条の七草で一年を始められてみては!?

伊予美人

平成18年9月にデビューした里芋の新ブランド「伊予美人」は石鎚山系の豊かな伏流水と瀬戸内の温暖な気候、肥沃な土ですくすく育ち、柔らかく、里芋本来の粘りも強くなにより美味しいです。