山がある川がある水がある
豊かな自然に恵まれた西条市で
農業をはじめませんか

西条で農業をする魅力

西条は、インフラが整っていて、土地も、
チャンスもある。何をするにも動きやすい。

西条は農業がやりやすいですか?
おすすめです。基盤整備がされていて、土地もあるし、チャンスもあるし、何をするにも本当にやりやすいし、動きやすいと思います。農地がぎゅっと集まっているので、自分の好きな品目を、好きなように育てることができます。
地域の農家仲間との関係は?
やっぱり仲間って大事です。仲間がいることによって、新しい情報が入ってきたり、新しい技術が見つけられたりします。いくらネットが発達しているといっても、なかなかそういう技術は検索しても引っかかりません。
先輩農家さんとの関わりは?
絹かわなすを育てていますが、このなすを育てているのは大先輩がほとんど。いきなり話しかけるのは難しくても、なすを共通の話題にすればコミュニケーションがとれます。先輩たちには、培ってきた歴史や、積み重ねた経験値があるので、いろんな話をきちんと聞いて、役立てていけばいい農作物が作れると思っています。

野口綾太さん
絹かわなす栽培
東京から移住

井上雅貴さん
はだか麦・里芋・
赤シソ栽培
Uターン

大変なこともありますが、
農業はとにかく、やりがいがあります。

就農しようと思った理由は?
農業は多分これから先、高齢化が進んで担い手が減ってきて若い力が必要になるんじゃないかと思って。もともと機械や栽培以外の分野も興味があったので、農業をやってみようと思いました。
農業経営をしてみてどうですか?
面白いこともありますが、現実的な部分では大変なこともいっぱいあります。ただ、それを超えられたときは、すごくやりがいを感じるし、また次のステップにつなげていけると思います。とにかく、やりがいがあります。
農業にチャレンジしたい人にメッセージを。
経験者やベテランの方たちとの人脈をしっかりつくるのは大事。当然、栽培する技術の習得や圃場の準備など自分の判断でやることは大事なことなので責任をもって黙々とやることもいいですが、人脈を作っておくと、さまざまな場面で頼ることができるし、安心です。みんな待ってますので、ぜひ一緒に農業をやってみませんか。やりましょう!

西条で育てられる主な農作物

新規就農人材の育成のしくみin西条

西条市では、次世代の強い農業者の創出と、地域の基幹産業を持続可能なものとするために、新規就農人材の発掘と、地域が一体となった育成システムにより、安心して農業をスタートできる環境を構築します。

まずはご相談!

新規就農人材の発掘

1.実際の農業現場を知る

□ 市内高校生を対象とした
 AGURIビジネススクール(年2回)

2.市外での新規就農人材の発掘

□ 就農相談ワンストップ窓口

□ 人材マッチング・合同面接会

□ 新農業人フェアの参画 ほか

体験・研修!

農業体験・研修

1.実際の農業現場を知る

□ インターンシップ型農業体験

□ 次世代人材投資事業(準備型)に係る

 研修機関等での農業研修

□ 短期農業研修

<活用する制度>
 国:次世代人材投資事業
 県:えひめ次世代ファーマーサポート事業
 市:農業研修受入促進事業NEW!

2.安心して研修を行える環境の整備

□ 農業研修受入促進事業

先輩農家さんと師弟関係を

つくって農業研修を実践!

<活用する制度>
 国:次世代人材投資事業
 県:えひめ次世代ファーマーサポート事業
 市:農業研修受入促進事業NEW!

就農

新規就農(雇用就農・独立就農)

1.独自就農支援

□ 新規就農に係る運転資金

 ・「次世代人材投資事業」等

□ 農地取得支援

 ・農地中間管理機構事業の活用

 ・農地バンクの活用

□ 技術取得支援・生活支援

 ・農業研修受入促進事業

 ・住宅の確保

(空き家バンク・空き家改修支援事業)

□ 機械導入支援(就農後)

2.雇用就農支援
 (JA・農業法人等への就職)

□ 「農の雇用事業」等の活用
□ 雇用就農に係る奨励金

"新規就農者"はこんな人におすすめ。

①農業が大好きな人

②どんな状況でもバタバタと焦らない人

③黙々と作業をすることができる人

④コミュニケーションを大切にする人

⑤ある程度、蓄えがある人

⑥農業を探求したい人

※ゼロからのスタートの場合、おおむね2~3年分の生活資金を準備しておくと安心です。

就農するまでの手順

1
西条を視察し情報を集める
(西条市農業水産課へお越しください)
2
農作業ヘルパーなどで体験してみる
3
農地面積などを元に事業計画を立てる
4
必要な資金を集める
5
農地や住むところの候補地を探す
6
移住する
7
先輩農家の元で研修を受ける
8
農業をはじめる(独立開業or雇用就農)

JA西条の就農サポート

農業体験
JA西条が構える研修圃場で農産物の栽培を行っています。露地栽培、施設(ビニールハウス)栽培をしており、種まきから収穫、出荷まで一緒に体験できます。
研修
JA西条実証圃で土づくりから出荷調整(販売)まで研修ができます。また、トラクター・管理機など農作業に必要な機械の運転についてもサポート致します。品目は西条の伝統野菜やブランド野菜を栽培しており、あなたの経営プランに合わせたものを営農指導員が提案します。また、農家さんのところで、より専門的に学ぶことも可能です。
就農後のサポート
就農前に土地の確保や機械の取得を計画します。就農後は、行政助成の就農給付金手続きなども行い経営の安定を補完します。栽培管理や肥培管理、トータル的な農業経営をJA指導員がサポートします。
就農に関するお問い合わせ
アグリサポートセンター

農業に関するすべての相談を受け付けます。ぜひご利用ください。

日時:毎月20日 午後1:30~午後4:30
(20日がJA休業日の場合は翌営業日)
場所:西条市中西新開111-1
JA西条アグリセンター
TEL:0897-56-9000

メールでのお問い合わせ
就農に関するお問い合せは以下フォームにご入力の上、送信をクリックして下さい。
送付日や内容によって、お答えに時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
氏名必須 必須
メールアドレス必須 必須
お問い合わせ内容必須 必須
職業任意 任意
  • 9.その他現在または以前に働いていた仕事の内容
出身任意 任意
  • (経営内容:
農業体験任意 任意
  • (研修歴有:
農業関係学校任意 任意
  • (経歴あり:
家族構成任意 任意
家族の同意任意 任意