運営方針

 

 

~私たちJA西条は、

『地域の「食」は、地域の「農業」で守る』を使命に

 全ての事業を展開します。~

 

 

(1)農業者の所得増大と農業生産の拡大による西条産農産物を安定的に供給できる持続可能な地域農業の構築を行います。

(2)JAの総合事業を通じた生活インフラ昨日の重質を図り、豊で暮らしやすい地域社会の実現を目指します。

(3)地域特性や環境変化に対応した「自己改革」を着実に実践します。

⇒30年度の出来事

重点方針

営農販売部
1.販売力強化を行い、ニーズに沿った産地づくりを実践します。  
  ①加工玉ねぎの産地確立を行います。
  ②農産物の買取販売に取り組み多様な販売チャンネルを構築します。
  ③新たな売れる農産物の(里芋等)提案を行い水田フル活用を目指します。
  ④パッケージ機能を活用し外販に取り組みます。
2.地域の活性化、営農活性化の核として直販所を活性化します。
  ①出荷量拡大、アイテム拡大の為、会員増強、生産基盤強化を図ります。
  ②人が集う直販所として各種イベントを見直し集客拡大を目指します。
  ③明るく元気な接客に努め店内を活性化いたします。
  ④商品のチェック、履歴確認、検査による高品質化を図ります。
3.生産トータルコスト低減に取り組みます。
  ①生産資材の集約、事前予約の強化と仕入れの見直しを図ります。
  ②生産技術支援及び品種提案等により品質、収量の向上を図ります。
  ③農業者のニーズに合った店舗作りを実践します。
  ④土壌分析を活用し基本となる土づくりを強化します。
4.必要とされるJAを目指し農家経営支援に取り組みます。
  ①米の販売強化を図り、入庫等の効率化、集荷運動を強化いたします。
  ②新規就農者育成研修、新たな品目への受け入れ研修を実施できる環境整備を行います。
  ③TAC活動を強化し農家の声を反映させます。
 
生活福祉部
1.介護保険事業について、在宅介護を主として地域でつながり支えあう取り組みを行います。
  ①「通い・訪問・泊まり」を行う小規模多機能型居宅介護施設「武丈の里」の利用者の安定確保により
   安定運営を目指します。
  ②継続的な相談機能と情報収集の充実を図り、居宅・訪問 通所介護事業の安定運営を行なうとともに
   地域貢献に努めます。
  ③「武丈の里」に併設される「地域交流センター」で、幅広い年代層の健康づくりに向けた取り組みを構築します。
2.地域・暮らしの充実を目的に、JA女性部組織の活性化を図り、農業の普及とともに多くの利用者の発掘に努めます。
  ①子育て支援、食農教育、助け合い組織等活動の幅を広げ、地域女性の参画を進め、会員活動の活発化に努めます。
  ②将来の女性組織リーダー候補であるフレッシュミズ部会の確保・育成に取り組みます。
  ③味噌加工施設、製麺施設等の商品PRを行い、安定製造・供給を行います。
  ④女性部レシピや女性部推奨マークを利用した商品開発に取り組みます。
  ⑤女性部ボランティア助け合い組織による「ミニデイサービス」の充実や体制整備を含め柔軟な対応に向け、
   利用者の拡大を図ります。
3.多様化する組合員や利用者ニーズの変化に対応し、豊かで暮らしやすい地域社会の実現に向け、
  将来を見据えた経営基盤の確立に取り組みます。
  ①変化する葬儀の要望に対応したサービスを提供し、心を込めたお見送りを行います。
  ②組合員・地域住民のニーズを基に武丈の湯の安定経営を目指します。
  ③セルフスタンドにはない利用者満足度の向上を目指すとともに、安定経営を考え、ガソリンスタンドの
   効率化を行います。
  ④LPガスの保安を充実し安全性を高めます。利用者の満足度向上のためガス漏れ集中管理システムのPRや
   安全点検訪問を行います。
 
金融共済部
1. JA総合事業のメリットを最大限に発揮し、豊かで安心して暮らすことができる地域社会づくりに貢献します。
  ①営農経済部門との連携を強化し、農業資金需要へ迅速に対応し農業所得 の向上と、
   農家組合員の満足度アップを図ります。
  ②農業者と地域・利用者をつなぐJAらしさを活かした金融商品の開発とサービスの向上に取り組みます。
2.支所統合を見据え、組合員・利用者の利便性を考慮した店舗作りを図ります。
  ①基幹店舗(母店)・一般店舗(子店)のグループ店舗化を継続し、内部統制の整備を図りながら
   窓口相談サービス業務の強化に取り組みます。
  ②渉外担当者による恒常推進体制を一層充実し、組合員・地域住民に対する「相談・提案型」推進の
   確立を強化します。
  ③定期的な訪問集金を原則廃止し、代わって情報収集や提案時間を確保し営業力強化を図ります。
3.総合事業体の強みを活かした付加価値を提供し、安定的な収益構造を構築します。
  ①超低金利競争による収益減少を、ローン利用者との付帯取引拡大により 収益確保を図ります。
  ②調達コストの抑制と貯金量の維持拡大により信用収益を確保します。
  ③金融環境に対応した金融インフラの合理化・効率化を図ります。
4.金融機関水準の内部管理態勢の構築と強化を図ります。
  ①審査体制を見直し2020年の支所統合に合わせて1次査定を本所に集約 できる体制を構築し
   金融機関標準の債権管理レベルを確保します。
  ②大型店(中央・大町)へ業務指導職員を配置し、内部統制整備と店舗内教育を充実させます。
   また本店事務リーダーと連携し研修会等を通して他店へも波及させます。
5.人材育成に積極的に取り組みます。
  ①公認会計士監査に対応できる事務レベルを確保するため本店に事務指導リーダーを配置し、
   支所指導体制の充実を図ります。
  ②グループ店ごとに推進トレーナーを配置し、渉外担当者・窓口担当者の直接的な活動支援・指導・育成を
   図ります。
総合管理部
1.組織の存続とその継続的な発展のために、「公認会計士監査」に対応出来る内部統制態勢の整備を図ります。
  ①事業活動の目標達成のため、業務の有効性及び効率性を高めます。
  ②開示する財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性がある情報について、そ の信頼性を確保します。
  ③事業活動に関わる法令や会計基準もしくは規範やガイドラインを遵守します。
  ④組織の資産(有形・無形、人的資源も含む)の取得やその使用、処分が正当な手続きや承認のもとで
   適切に行われるよう資産の保全を図ります。
  ⑤内部管理態勢の向上のため、管理業務の充実を図ります。 
2.「自己改革」の実践と安定した経営基盤確立に取り組みます。 
  ①合併促進協議会を通じて「JA新居浜市との早期合併」の実現に向けて取り組みます。
  ②金融機関として健全性維持のため、自己資本の充実を図ります。
  ③組合員のJAの運営参画を促進し、「食」「農」「協同組合」への理解醸成と事業利用向上を図ります。
  ④働き方改革法案に基づき、人事労務管理を徹底し、多様で柔軟な働き方を可能とする職場環境の整備を
   図るとともに、多様な採用方法で安定的な事業継続に向けて人材の確保に努めます。
  ⑤地域団体・行政・企業との「つながり」を深め、イベントの開催や地域貢献活動に積極的に参画します。
監査室
1.全部署・全支所に対する年1回以上の無通告内部監査を実施し、監査結果については統括部署と協議を行い、
  助言・勧告・改善提案を行います。 
2.監事監査・公認会計士監査と連携し、検査・監査の指摘事項の改善状況を確認し、再指摘を無くすために
  事後指導を実施します。 
3.内部統制整備の進捗状況、整備内容の徹底状況を評価・検証することにより、公認会計士監査に対応できる
  内部管理体制の整備、確立に取り組みます。 
4.監査業務に必要な知識・技能の取得に向けて自己研鑽はもとより、積極的に中央会主催の外部研修に参加して、
  監査の専門的能力の向上に努めます。

JA西条のあゆみ

昭和40年 11月1日
西条市内8農協が合併し、西条市農業協同組合発足
昭和41年 3月
本所運営委員会設立
昭和43年 10月
交通事故相談業務開始
昭和45年 10月
神戸給油所落成
昭和46年 10月
古川給油所落成
昭和50年 3月
禎瑞醸造工場落成
10月
合併10周年記念式典、貯金100億円達成
昭和51年 12月
神戸野菜集出荷場落成
昭和52年 9月
神戸低温農業倉庫落成
昭和53年 12月
玉津いちご集出荷場落成
昭和54年 11月
本所会館新築落成
12月
結婚式場オープン
昭和55年 8月
貯金業務オンラインシステム開通
11月
プロパンガス全戸利用運動展開
昭和57年 5月
営農センター(アグリセンター)落成
昭和58年 12月
長期共済保有契約高1,000億円突破、貯金200億円達成
昭和59年 5月
第1回農協まつり
9月
現金自動支払機(CD)本所設置
昭和60年 9月
本所および各支所(飯岡、玉津、神戸、橘、氷見、禎瑞)に
現金自動取引機(ATM)設置、合併20周年記念大会
昭和61年 8月
青壮年部設立
昭和62年 12月
くらしの協同運動開始
平成2年 5月
カントリーエレベーター落成、稼働
12月
貯金300億円達成
平成3年 3月
青空100円市始まる
平成4年 4月
培養土製造施設(ホワイトセンター)落成
結婚式場を「Wedding Hall はなゆい」に改称
平成5年 3月
水稲・野菜育苗施設(グリーンセンター)落成
平成6年 6月
古川給油所新装オープン
平成7年 10月
野菜直販所「ときめき水都市本店」オープン
11月
合併30周年記念式典
平成8年 3月
葬祭センターオープン
4月
合併30周年記念「瀬川瑛子ショー」
10月
野菜直販所「ときめき水都市飯岡店」オープン
平成9年 1月
「西条市農業協同組合三十年史」刊行
4月
神戸給油所新築落成
11月
長期共済保有契約高2,000億円突破
平成10年 1月
野菜直販所「ときめき水都市新居浜店」オープン
4月
野菜直販所「ときめき水都市喜光地店」オープン
7月
株式会社エス・エイ・シー設立
平成11年 3月
JA西条・JAおおまち合併予備契約調印式
JA西条助け合い組織「いずみの会」設立
野菜直販所「ときめき水都市松山富久店」オープン
4月
女性総代誕生
7月
JA西条・JAおおまち合併、新「西条市農業協同組合」発足
大町支所開業
総合葬祭式場「ルミエール西条」新築落成
12月
野菜直販所「ときめき水都市今治店」オープン
平成12年 4月
高齢者福祉事業スタート
9月
デイサービスセンター「いずみの里」落成
平成13年 4月
野菜直販所「ときめき水都市松山天山店」オープン
12月
健康増進施設「武丈の湯」オープン
平成14年 7月
野菜直販所「ときめき水都市武丈店」オープン
8月
野菜直販所「ときめき水都市大生院店」オープン
平成15年 3月
JA西条福祉センターオープン
野菜直販所「ときめき水都市今治喜田村店」オープン
11月
野菜直販所「ときめき水都市馬越店」オープン
12月
分析センター落成式
平成16年 4月
農産物加工研修施設「あぐり工房」オープン
11月
ルミエール西条「法要会館」落成式
12月
ルミエール西条「あずま会館」落成式
平成17年 3月
野菜直販所「ときめき水都市鳥生店、郷店」オープン
10月
野菜直販所「ときめき水都市金子店、中萩店」オープン
12月
ルミエール西条「いしづち会館」落成式
平成18年 6月
野菜直販所「ときめき水都市新居浜店、西原店」オープン
9月
野菜直販所「ときめき水都市新居浜店」
リニューアルオープン
11月
「あぐり工房」リニューアルオープン
平成19年 5月
野菜直販所「ときめき水都市新居浜多喜浜店」オープン
平成20年 10月
野菜直販所「ときめき水都市本店」リニューアルオープン
平成23年 7月
アグリセンター落成
9月
農機具センター落成
平成25年 5月
味噌加工施設「ふれあい工房」オープン
7月
水都市「みのりちゃん市場」オープン
平成26年 1月
デイサービスセンター「みずほの里」落成
5月
ルミエール西条 総合葬祭式場「思恩」落成
平成28年 7月
小規模多機能型居宅介護施設「武丈の里」落成